World Without Border

北海道ブロガーヤス松尾が民泊(Airbnb)、ビットコイン、ドローン、旅について書いています。

*

【Airbnb運用テクニック】撮影する前に必ず確認するべきポイント集。

   

スポンサードリンク



 

民泊研究科・民泊カメラマンの@yasu_matsuo_jpnです。
本日は、ホストさん自身で民泊物件を撮影される際や、カメラマンに依頼する時にでも、必ず撮影前にチェックするべきコトをまとめてみます。

本日ご紹介するチェック事項は、私も少人数定員のワンルームアパートでも、大人数泊まれる一軒家を撮影するときでも必ず確認するようにしています。

ぜひ参考にしてみてください!

 

Today’s World Without Border Topic
「撮影前に必ず確認するべきポイント。」

 

①スリッパ

私は民泊物件を撮影する際、玄関→浴室→トイレ→寝室→キッチンという順番に撮影し、最後にリビングを撮ります。
いきなりリビングを撮影するより他の室内を見ることで、その場で行える修正点やお部屋のコンセプト、泊まりに来るゲストの層が見えてくるからです。

なので、基本玄関から近い部屋順に撮影するというのが自分の中ではルーティン化しています。
これはあくまで自論ですが、自分の場合ホテルや宿泊先に着いたら、まずは全ての部屋を見てみたいものです。

その時は玄関から入り、玄関からいきなりリビングに入るより、その間にある部屋の扉を開けて中を見て、リビングへと進んでいくので、自分と同じパターンのゲストの気分を少しでも実感し、改善点やバージョンアップに活かせる情報やアイデアをホストさんに伝えるコトができるかもしれないからです。

ですので、ご自身で撮影される際はゲストが初めて部屋に入った時を想像して、まずは玄関から撮影してみてはいかがでしょうか?
ということで、まずはスリッパをしっかりと並べましょう。

yasu8005

そして斜め上から、バッチリと撮影します。

dscn0047

 

②照明

昼間に撮影する時も、夜中に撮影する時も、部屋の照明は必ず全てONにしてください。
ムーディな写真を撮る場合は
別ですが。

yasu8006

もちろんお部屋の大きな照明だけではありません。
キッチン上にある横長の蛍光灯照明や、換気扇に付いているオレンジ色の豆電球も付けていきます。

yasu8008

 

③シーツ

ここは私だけでなく多くのホストさんやカメラマンも苦労する部分だと思います。
それは寝具のシーツのシワです。

シーツのシワやよれ具合はどうしても付いてしまいます。
新品を購入して袋から取り出した状態ですら、折り目がついているので、どうしようもありません。

ホテルのようにシワひとつ無い状態を作り上げるのは至難の技です。
出来るだけシワを見立たないように、撮影前にしっかりとシーツを伸ばしてあげましょう。

yasu8011

↑ちなみにこの毛布、指でなぞったらその部分が色が変わるタイプの素材です。
この手の毛布にはさらに要注意です。

 

④食器

食器や鍋、調理道具、カトラリ類は棚の中にしまうのではなくキッチンの上に出して撮影しましょう。
そのため、撮影映えするように綺麗に並べることが重要です。

yasu8012

こうすることで、食器の種類や鍋の形などが明るい照明の下撮影ができるのです。

yasu8013

 

⑤洗濯機

洗濯機は新品で購入される方もいれば、ヤフオクや近所のリサイクルショップの中古品を買う方も。
もしも新品で購入されたとしても、給水・排水ホースを繋いだ後の動作確認はしていただきたいです。

中古で購入された場合も絶対に忘れずに、動作確認をお願いします。
実際にノーマルモードで洗濯して給水と排水がされるか、水漏れは起きないかなど確認しましょう。

中古で購入した場合、どこかに小さな穴があって水が流れてくるという話も少なくありません。

yasu8014

 

⑥カーテン

カーテンは基本的に2種類ありまして、薄い素材のレースカーテンと色のついたドレープカーテンの2種類に分かれます。
撮影時はレースカーテンは閉めていただいて結構ですが、ドレープカーテンは必ず開けましょう。

多くの光を入れ込むためにも、自然光は一番お部屋を美しく見せてくれます。

yasu8017

↑しっかりカーテンも綺麗に張って撮影です。

yasu8018

 

⑦トイレ

トイレの蓋は絶対にしめてください。
普段ご自宅で蓋を開けたまま使う方は、気にせずに開けたままで撮影される方がいますが、閉めた方が印象的に良いでしょう。

yasu8020

yasu8021

 

⑧コード

良い家具やこだわりの装飾品をお部屋に設置したのに、せっかくのコードが部屋からむき出しではせっかくの写真が台無しです。

yasu4232

どうしても、ダラシの無いコード達に目がいってしまいます。
私は毎回マジックバンドを使ってコードを束ねています。

TRUSCO MKSH1915BK

例えば掃除機

yasu8024

ほかには、部屋床を伝う延長コードもビシッと整えましょう。

yasu8026

タオルケースに入れたドライヤーも見逃しません。

yasu8058

yasu8059

 

ぜひ写真撮影の際は参考にしてみてください。
今後も撮影テクニックについてはたくさんアップしていきます!

 - airbnb, 運用テクニック

  関連記事

【Airbnb】民泊新法 住宅宿泊事業届出 代行業者5選 札幌版

スポンサードリンク   民泊研究家ヤス松尾@yasu_matsuo_j …

Airbnb運用テクニック なぜこんな所にキーボックス設置?!編

スポンサードリンク   本日は前回お伝えいたしました、民泊運用の際、鍵 …

Airbnbの運用テクニック「物件内覧編」

スポンサードリンク   先日Airbnb運用テクニック第一弾として、a …

Airbnb mister suite labで見る民泊情報 全国編

スポンサードリンク   本日より株式会社SQUEEZEが提供している& …

Airbnb運用テクニック 99%ゲストが迷子にならない方法!!

スポンサードリンク   予約が確定したゲストに対して、ホストの方はアパ …

Airbnb運用テクニック「リスティング掲載の手順 1/3」

スポンサードリンク   本日は民泊サイト”airbnb&# …

【民泊Airbnb活用テクニック】予約完了後のホストとのやりとり

スポンサードリンク   民泊研究科・民泊カメラマンの@yasu_mat …

【JR北海道】JRでの札幌から倶知安町への行き方

スポンサードリンク   民泊研究科・民泊カメラマンの@yasu_mat …

【airbnb運用テクニック】開きっぱなし厳禁。誰でもお部屋の写真映えがアップする撮影テクニック

スポンサードリンク   民泊カメラマンのヤス松尾@yasu_matsu …

180日規制で日本一の民泊都市は札幌に?! 現在のAirbnb事情を解説

スポンサードリンク   インバウンド研究家のヤス松尾@yasu_mat …

【Airbnb運用テクニック】撮影する前に必ず確認するべきポイント集。

北海道ブロガーヤス松尾が民泊(Airbnb)、ビットコイン、ドローン、旅について書いています。

Copyright© World Without Border , 2016 All Rights Reserved.