去年40万円、今年は0円…。今月のインバウンド収益大公開。

フォトグラファーやす松尾です。
ちょうど一年前の2019年の5月の私のインバウンド部門での収益は約40万円でした。

しかし今年は悲惨中の悲惨な収益額です。
今回は、去年の私のインバウンド収益の内訳を公開しつつ、今年の5月の収益予想をお伝えします!


広告

2019年のインバウンド部門の収益内訳

結果からお伝えします。
2019年5月のインバウンド収益は¥393,532でした。

インバウンド部門とは私が行っている仕事の中でも外国人観光客の方を対象に行っている仕事です。
・札幌市での民泊
¥ 190,911
・ロケーション撮影
¥ 202,621

の2つです。
去年はこの2つの所得で約40万円の収益でした。

しかし今年は…

0円!!

2020年5月のインバウンド収益

本来今年の5月は東京五輪を控え、非常に忙しくなる事必至でした。
1月1日も非常に忙しかったですが、この忙しさがオリンピックの期間ずっと続くのかと思っていました。
今までの人生の元日で最も忙しく東京五輪の前兆を感じた話

4月は桜のシーズンで一年の中で最も忙しくなる月で、そのまま観光の雰囲気が5月にも残り、更に二ヶ月後には東京五輪が待っているという盛り上がる予兆しかない時期になっていたはずです。

しかしウィルスで全ては消えました。
今年の5月の収益は0円です。

非常に悔しすぎます。
東京五輪で東や日本の街の変化、人々の変化、テクノロジーの進歩を、最前列で見ようと楽しみにしていたのに。。。

話は戻り、ご説明した2つの仕事、民泊もロケーション撮影にもゲストは誰も来ません。
Airbnb Experienceに関しては緊急事態宣言が出ている間は予約も取れないようになっています。

これらの収入は私の大きな主軸の2つだったので、非常に大きなダメージです。


広告

今後の対策

いま外出したらバッシングされる完全自粛の現状や、仕事がなくなっている人が多くいる事などをふまえ、全てオンラインで完結される仕事のボリュームを増やすべきだと、今回強く実感しました。
ぜひ皆様に知っておいていただきたいサイト3つをご紹介します。

今までパソコンで仕事する事と無縁だった方も、サイトの名前だけでも知っておくべきだと思います。
あなたがネット上で活かせるスキルがあれば何かに活かせるはずです。

①クラウドワークス
https://crowdworks.jp/

②ストアカ
https://www.street-academy.com/

③ココナラ
https://coconala.com/