札幌のCBDカフェ「カンナビスカップ」に行ってみた

先日札幌のススキノエリアにあるCBDカフェ「カンナビスカップ」へ行ってきました。(なんともモロなネーミング笑)
今回はCBDカフェ潜入レポートです!

CBDって何?という方は過去に解説している記事がありますので、ぜひチェックをお願いいたします。
ざっくり言いますと、大麻から抽出出来る違法ではない成分のことです。
(THCという成分は違法だけど、CBDはOK)

参考記事①ヘンプCBDオイルとは? 効能・規制・買い方レポート
参考記事②CBDオイルのペースト版 ENDOCA RAW HEMP OILを試してみました。
↓YouTubeもどうぞ。

というわけで、ざっくりCBDについてご理解いただけたところで、今回潜入しましたお店「カンナビスカップ」レポートをご覧ください!


広告

札幌CBDカフェ「カンナビスカップ」に潜入

場所はススキノ中心部にあります。
居酒屋・バー・風俗街様々な業種の区画のど真ん中という立地です。

その立地を象徴するかのように、お店の隣にはピンクの大きな看板の無料案内所があります。
今回ご紹介するお店はその案内所看板の下にある黄色のお店です。

☟お店を正面から見てみるとこんな感じ。

黄色い看板と細長い入り口なので、気づかずに通過してしまう場合があるかもですので、あとでご紹介するマップリンクをチェックしてください。
そしてお店の入り口にはこんなメッセージボードが。

「美味しいチャイ一杯チャージしていきませんか?」
私は自称チャイ評論家でもあるほど、本場ネパールのチャイを飲むために過去3回ネパールへの渡航経験がある無類のチャイ好きです。

どんなチャイを出してくれるのかと楽しみにしながら、店内に入ってみます。
階段を下に降りていくのですが、かなり急な角度…笑

この階段の奥にはどのような店内が待っているのでしょうか。
入ってみると…

CBD関係の商品が置いてあったり。

カフェスペースは、2名ほどが着席できるようになっています。
基本的にはテイクアウトが主体なようですね。

恐竜やスカルなどサブカル系アイテムも飾られている店内。
お店に入った後、後ろを振り返ると先程の急な階段から太陽の光が入ってきている光景がとてもきれいでした。

お店の方はとても丁寧にCBDの説明をしてくれる方でした。
サブカル臭強めのお店の店主の9割は癖強目で、その癖がキツすぎるが故に一般層から偏見を持たれる原因でもあるのですが、こちらの店主は親しみやすさが十二分にある方で一安心。

CBD系のお店に行ってみたいけど、怪しさがある新しいジャンルでもあるため、事前にお店の主の様子を知りたいという層は少なからずいるはず→この点はご安心ください!

Googleマップのレビューでもオーナーの人の良さが書かれています。

色々情報展開が早いこの大麻商品業界、最新情報を知りたい方はオーナーのCBDトークを聞きながらチャイを楽しんでみてはいかがでしょうか?
私もチャイをいただきました。

このチャイにもCBDが含まれており、量的には少々控えめですが、ほんわかCBDが効いてリラックスすることができましたよ。
控えめな量だからこそ、すすきの近くで働いている方や、出先のお仕事での休憩時でも、ここでチャイを立ち寄って飲んでも問題なくその後もお仕事できるでしょう!(運転など判断力重要系の仕事は絶対ダメ)

お店の外観は地下ということで、中の様子がわかりづらいのですが、一歩入ってみると全くのCBD初心者の方にも色々商品や効果について教えてくれるCBDショップです!
気になる方は以下の店舗インフォもチェックしてみてください。

「カンナビスカップ」店舗情報

住所:北海道札幌市中央区南5条西4丁目13

Instagram@cbd_cannabis_cup
Facebook@CBD Cannabis Cup

Googleマップで調べる際はカタカナで検索しても出てきません。
(オーナーさんぜひカタカナ検索でも出るようにした方が良いですよ!)

以下のマップリンクからチェックしてみてください。
https://g.page/cbd_cannabis_cup?share

私はチャイを飲んで、CBNという新種商品を購入しました。
THC, CBDはそこそこ知られていますが、CBNは初耳の方も多いのでは。

それについてもまたレポート記事を書きたいと思っています。
以上札幌のCBDカフェ「カンナビスカップ」潜入レポートでしたー!