【iOS11】LED懐中電灯の明るさ調節テクニック




 

iPhone7ユーザーのヤス松尾(Instagram)です。
ついに私iPhoneのバージョンOSを11にバージョンアップしました。

今回はiOS11であまり知られていない操作テクニックをお伝えいたします。 第一回目のテクニックは「懐中電灯の明るさを調節する方法」です!


広告

懐中電灯モード起動方法

まずは懐中電灯の立ち上げ方法から。
ホーム画面でも何かしらのアプリを起動中でも構いませんので、画面を下から上になぞってみましょう。

私のオススメは、ホームボタンの隣のスペースに指をセットしそのまま上にスライドさせると失敗なくメニュー画面が現れます。
そのまま指を上にスライドさせます!


すると! 以下のようなメニュー画面が表示されますので、左下の懐中電灯ボタンを長押しタップしてください。

明るさの調節方法

長押しタップすると5段階のメーターが表示されます。

一番下が「ライトOFF」、あとは上に上がるごとに明るさが増します。

今まではONかOFFかのライトでしたが、これからは「ちょっとだけ手元を照らしたいんだよな〜」などのTPOに合わせて活用できそうです。

以上「iOS11 懐中電灯の明るさ調節方法」でした!

 


広告

最弱レベル1と最高レベル4のライト照らし合わせ

一番光の弱いレベル1と一番強いレベル4の照明の違いを撮影してみました。 まずはレベル4。 ↑光が強くてまわりの様子は何も見えません。 続いてレベル1。 光が弱いため後ろの背景も見えました!   ご参考にどうぞ〜!