札幌中心部コワーキングスペース5選 2021年版

今回は「札幌の中心部」をエリアを絞って検索した、コワーキングスペース・シェアオフィスをご紹介します!
Googleマップの薄〜い黄色に塗られている繁華街エリアに検索表示されるオフィスをまとめてみました(下の画像の赤枠)
札幌中心部でお仕事できる場所をお探しの方はぜひ参考にしてみてください。

わざわざコワーキングスペースを探さなくても、スタバなどのカフェで作業するのもアリなのですが、長時間いるのもお店側に迷惑をかけていそうで気が疲れますし、電話なども気軽に出来ません。

そんな時に便利なのが、お仕事するための環境だけど、堅苦しくないコワーキングスペースが便利です。
使いたい時に行き利用料だけ払えば、快適な作業空間が待っています。

それではグーグルマップでの繁華街エリアに的を絞り、「コワーキングスペース」で検索して出てきたお店をチェックしていきましょう!


広告

札幌中心部のコワーキングスペースリスト

①ドリノキ

https://sapporo-odori.jp/dorinoki/

月額プラン 入会金 ¥30,000+ ¥12,500/月
ドロップイン 2h ¥500 1day ¥1,000

【Google Map】
https://goo.gl/maps/MRrHzTRWZTAC8s538

②コワーキングスペース COMECOME カムカム 大通店

https://www.come2.info/odori

30分¥500
なんと料金説明がまさかの一行。安すぎます。

【Google Map】
https://goo.gl/maps/nYzK43nqQHwRzCPRA

③CONTACT

https://contact-sapporo.com/

月額プラン ¥25,000/
ドロップイン 1day ¥1,500

HPにオフィ会員さんの事業紹介や開催イベントの告知を行う「オフィスメンバー活動報告」というページを発見。
こういう利用者をサポートしてくれている雰囲気は運営側の気持ちを感じますね。

【Google Map】
https://goo.gl/maps/2SewiPCdZu5VzGXM8

④GRIDS SAPPORO

https://www.grids-hostel.com/hostels/sapporo/

ドロップイン 3時間600円 or 6時間1,000円(以降1時間200円)

本来はゲストハウスだったようです。
そのため追加料金を支払うとシャワーも浴びれます!

【Google Map】
https://goo.gl/maps/RkNdAxhB24ut3qjL8

⑤大人座

https://www.otonaza.com/

ドロップイン 3h 600円, 6h 1,000円, 1day 1,500円(全て1ドリンク付)

レンタルイベント会場やバー営業の時間もあります。
大人の遊び場感満載です!

【Google Map】
https://g.page/otonaza?share

札幌のコワーキング事情2021

今回はざっくばらんに札幌中心部に検索表示されたコワーキングスペースを5つご紹介致しました。
もう少し件数的にあっても良いのでは?とも思いました。

特にススキノエリアでは、件数0…
夜遊びエリアなのでフリーランスが集まる場所でもありませんが一件ぐらいあっても良いのでは…?とも思いました。

またホステルなど宿泊施設がコワーキング化しているケースも数件発見しました。
確かに疲れたらすぐ寝れるし、気分転換したければシャワーを浴びるなど、仕事とホテル機能は実は良いマッチングだったのかもしれません。

以下は2018年に私が調べた札幌のコワーキングスペースまとめ記事です。
良かったら見てください^^
https://yasumatsuo-wwb.com/180423-shareoffice/


広告

私が求めるコワーキングスペース機能

最後に個人事業主でもありよくコワーキングスペースを使う私が、施設のこんな機能は欠かせない!という事をご紹介ます。

①現金以外の決済OK
これは言うまでも有りません。
現金しか使えないオフィスはもうその時点で私は選ばないと思います。

②1時間程度の使える個室がある
周囲に聞かれたく無い電話や、ビデオ電話をする際は、電話ボックスのような一人が入れる大きさであれば良いので、気兼ねなく通話が出来るスペースがあるとかなりポイントアップですね。

以上、札幌のコワーキングスペース検索でした!