【Airbnb運用テクニック】浴室内は絶対に湿気を作らないで下さい!




 

民泊運用では、ゲストがチェックアウトしたら必ず清掃を行います。

清掃の際、タオルや寝具リネンなどのような、洗いたての綺麗な状態の物を交換するパターンと、食器や机など交換ではなく、洗ったり、磨いて綺麗にするパターンの2種類があります。

今回は注意を見落としがちだけど、一歩遅れると大クレームになり兼ねないシャワーカーテンについてご報告いたします。

 

yasu2120

トイレと一緒タイプなら、シャワーカーテンを設置されてる方は多いはず。

 


広告

清掃時カーテンの水っけをしっかり除去しましょう。

民泊物件では、お風呂場の換気扇は24時間常時ONにしてください。
OFFにできないように、テープで固定してしまっても良いと思います。

01

そして、扉は出来るだけ開けて、空気の流れを出来るだけ作りましょう。

湿気がたまると、カビが発生します。
そして、そのカビはまずシャワーカーテンから蝕んでいくのです。

蝕まれた使用不可能なシャワーカーテンたちをご覧ください。

 

民泊ブログ初のカビだらけシャワーカーテンコレクション

①カビレベル☆☆
img_7076
dsc_0093

まだまだ黒い部分がそこまで目立っていませんね。
この状態ならば、頑張って拭けば、カビは取れそう。

 

②カビレベル☆☆☆

01
カビに強い人なら、まだ気合いで雑巾で拭く事ができて、カビが目立たない状態にできるレベル。

 

③カビレベル☆☆☆☆

img_1723汚いです。 アウトです。
これはもう、汚れを取り除くというより、買い替えてほしいレベルです。

ここまで悪化してしまったらば、いくら綺麗になったとしても使いたくはないでしょう。

④カビレベル☆☆☆☆☆

img_9854もうカビが部分的ではなく、面でこびり付いています。
よくもここまで、この物件のホストさんは放置できたものです。

 

というわけで、浴室のカビにはくれぐれも注意してください。
ゲスト滞在時も常時換気と清掃時のカーテンの水切りさえ行っていれば問題ないです!