World Without Border

ノマドライフ、旅、ドローン、ライフハックについて

*

ノマドワーカーに必要な仕事道具紹介

   

スポンサードリンク

ノマドフォトグラファーのヤスマツオです。

今多くの会社員の方に推奨されている副業・働き方改革
もうすぐで私は家なしノマド生活を始めてから1年が経過します。

今回は生活の拠点を作らずに様々な場所で働きたいと考えていらっしゃる方に、私が常にリュックに収納している仕事道具をご紹介いたします。
リュック一つでどこへでも行ける環境で、どこでも働ける道具を持ち歩く、そんな状態に身を置きたいとお考えの方に参考にしていただければなと思っております。

副業何して良いかわからない会社員の方へ

これは私の個人的な感想ですが、普段優秀な会社員としてバリバリ働いている人ほど、その方が個人のフィールドになった途端急に何をして良いかわからない、という方が非常に多いと感じています。
私のオススメはまずはお金の事は考えず自分の好きな趣味を多くの方に広める活動という意識でトライしてみる事をオススメしています。

映画が好きなら好きな映画の感想をブログやユーチューブにアップ。
ハンドメイドで雑貨を作る事が好きなら、自作品をメルカリで販売。

重要なのはあなたが会社員の場合、あなたが休日の日に行なっている趣味や好きな事を何かしらの形式で記録に残す、という考え方でアクションしていくと良いと思います。
何より会社員の場合メインのお金はその会社員の給与で作っている訳ですから、副業ではとことん挑戦的な事にもトライできるはずです。

今のうちに自分がとことん好きにハマれる事を見つけておくべきです。
あなたが今行なっている仕事は2,3年後AIがあなたの変わりに行なってくれて、あなたは会社にいる必要がなくなります。

還暦退職した方が今までずっと仕事しかしてこなかったため、仕事をリタイアしずっと家にいても何もする事がない、何をして良いのかわからない、という家族の中でも孤独になってしまう状況が還暦にならずともあと数年後にやってくるというわけです。

必死に仕事しかしていない人が損をする世の中に変化します。
話は本題に戻りまして、私のノマドワークアイテムをご紹介していきます!

 

ノマドフォトグラファーの道具

ここからは少々ガジェット紹介の要素も含まれますが、ご紹介するアイテムは全て私が東京にいる時も、地元北海道に帰る時も、海外旅行する時でも常に持ち歩いているアイテムです。
日常生活も海外旅行の時も基本的に私の持ち物は変わりません。

それではご紹介いたします。
①リュック
メーカー:THULE
品名:Crossover Backpack 32L
購入価格:¥18,000
Amazon
様々なガジェットを収納するアイテムなので、リュックは非常に大事です。
海外旅行する際はこのリュック+キャリーケースまたは更に大きいバックパックを持っていきますが、このリュックには貴重品や仕事道具を入れているため、絶対に紛失出来ません。

最悪キャリーケースが無くなってもこのリュックさえあれば、仕事が出来て旅を続けられるという状態になっています。

♠ノマド的リュック選びのポイント
・長時間持って移動しても疲れないか
・収納性
・出来るだけ容量は小さく

②ノート
メーカー:ツバメノート株式会社
品名:大学ノート B5サイズ 50枚 A罫(8mm横罫) W50S
購入価格:¥350
Amazon

PCやスマホのメモではなく、手書きでササっと書きたい時のためにリュックに忍ばせています。
今までそこまで使用頻度は高く無いものの、前田社長のメモの魔力を読んでから、意識してこのノートでメモを取り出した今日この頃。

③一眼カメラ
メーカー:Canon
品名:EOD 80D
購入価格:¥140,000
Amazon

今の私の最も中心アイテムであるデジタル一眼。
少々の水にも耐えれて、動画撮影時のフォーカスが早く、写真もビシッと撮影できるズームレンズキットがあったので、2, 3年前に購入しました。

難点としては重いです。
次買い換えるとしたら、ミラーレスが良いなと思っていますが、まだまだこのカメラを使っていきます。

♠ノマド的カメラ選びのポイント
・重さは軽い物
・旅好きにはズームレンズがオススメ
・ユーチューバー、インフルエンサーになら、撮影中自分の顔を確認できるタイプを

④パソコン
メーカー:Apple
品名:15インチMacBook Pro
購入価格:¥300,000
アップルサイト

パソコンも仕事の内容によっては不要な時代になりつつあります。
スマホで全てを完結できる仕事もあるため、どんな仕事をするかによって購入をご検討ください。

スマホやタブレット+ブルーツースキーボードでも大抵のことはできますが、私のようにブログを書いたり、写真、動画などをガシガシ編集する等の場合はまだパソコンの方が便利だったりします。
そしてクリエイティブ系データ編集をしない場合、PCスペックもそこまでこだわらず、軽めなPCを選ぶに越したことはないです。

私の使っている15インチは結構デカイし重いですよ。
ただしスペックは最高水準。

♠ノマド的パソコン選びのポイント
・ブルーツースキーボードがあればスマホでもタブレットでも大抵の作業は可能なので、今一度購入を検討する
・画像や動画編集をするならある程度のスペックの物を
・ライター系ならどんなパソコンでも作業可能

⑤カメラ2
メーカー:DJI
品名:Osmo Pocket
購入価格:¥45,000
Amazon

こちらは手のひらサイズのジンバルカメラです。
RAW写真も4K動画も撮影できるため、一台あれば色々なシーンで使えるカメラ。

今では動画を撮影する時はキャノンよりもこのカメラを使っています。

⑥USB-C ハブ
メーカー:VANMASS
品名:USB C Hub, 9-in-1
購入価格:¥6,000
Amazon

私のパソコンには外付け端子がタイプCしかないので、SDカードやハードディスクをパソコンに繋げる際にこのハブが必要なのです。
ガラケーにあったたくさんのボタンがiPhoneでは1つだけのボタンになり、現行のiPhoneではボタンすらありません。

今後もガジェットはボタンや端子がシンプル化していき、無線で通信出来ない場合、このようなハブが必要だったりもします。

 

⑦ハードディスク
メーカー:エレコム
品名:ポータブルHDD 1TB
購入価格:¥9,000
Amazon

♠ノマド的HDD選びのポイント
仕事の全財産とも呼べるHDD。
もちろんクラウドなどにバックアップを取りつつもすぐにPCに接続し作業ができる点ではポータブルのHDDやSSDは必須。
HDDやSSDは小さいとは言え、手のひら弱の大きさがあるので、マイクロSDカードに保存するのも悪くないでしょう。
安価な商品は避けて、データ記憶関連は日本製を選びたいところです。

 

⑧無線マウス
メーカー:エレコム
品名:静音Bluetoothマウス
購入価格:¥1,500
Amazon

文字のタイピングやネットサーフィンならばPCのトラックパッドでも十分ですが、デザインや編集作業を行うならば、マウスがあった方が格段に作業効率は上がります。
この時、もしもあなたがワンランク上のノマドワーカーになりたいならば、音がカチカチするマウスはやめましょう。

カフェやコワーキングスペースでマウスの音をカチカチ響かせている人は、食事の時にクチャクチャと音を立てている人と同じです。
周囲のノマドワーカーの集中力や配慮出来るアイテムを選んでいるかも、ノマドワーカーとしての見どころです。

⑨ポータブルバッテリー
メーカー:SONY
品名:モバイルバッテリー 5,000mAh
購入価格:¥4,000
Amazon

♠ノマド的モバイルバッテリー選びのポイント
ノマドワーカー必須のバッテリー。
5,000mAhあれば、2回分はスマホを充電できます。
スマホ以外にもポータブルWiFiなどUSBで充電できるので、ぜひ持っておくべきアイテムです。

⑩ポータブルWi-Fi
メーカー:UQwimax
品名:WX05
購入価格:¥4,000/月

ポータブルWiFiもどこでも場所にとらわれず働きたい方には必須のアイテム。
私はカフェや公衆のWiFiはセキュリティ面であまり使いたくない派です。
これさえあれば、公園や急な出先など、本当の意味での “どこでも”仕事ができます。

⑪SDカード
フォトグラファー必須アイテム。
フォトグラファーでなくても、書類やちょっとしたデータのバックアップなどにも使えるため、ライターさんなどデザイン以外の方にも一枚は持っていて頂きたいアイテム。

様々な種類のSDカードがありますが、最低でも32GBあれば様々なシーンで活用できます。

⑫イヤホン
メーカー:SONY
品名:WF-1000XM3
購入価格:¥26,000
Amazon

私は結構神経質なタイプで、カフェで作業している際他のお客さんの会話や音が気になって作業に手中出来ない時があります。
以前はAirpods1を使っていたのですが、せっかくカフェに行っても隣の人の声がうるさくて集中できずすぐに退店するといった苦い経験があり、やっとノイズキャンセリングのイヤホンを購入しました。

このイヤホンのノイズキャンセル機能はそこそこ良いですよ。
色々なサイトを吟味して少々高いですが、購入しました。

⑬スマホ
メーカー:Apple
品名:iPhone11
購入価格:¥100,000
Apple

iPhone7から機種変更したiPhone11。
広角レンズが付いていて様々な状況で使えます。

まとめ

今回ご紹介したアイテムをリュックの中に入れて日々生活しています。
リュックの重さは約7kg(重いです…)

一言でノマドワーカーと言っても業種によって持つべきアイテムは異なりますので、必要な物だけを選別し、出来るだけ軽量で、コンパクトな物をオススメします。
私のように15インチのMacBookに一眼カメラの二つだけでも結構な重さになってしまいます。

以上、ノマドの私の持ち物紹介でした!

 - ブログ

  関連記事

【石野卓球】豪華すぎる著名テクノDJらを撮影してきた件

スポンサードリンク クラブ好きフォトグラファーやす松尾です。 Instagram …

平成30年宅建試験終了。自己採点結果は?!

スポンサードリンク   お久しぶりです!やす松尾@yasu_matsu …

【自動車税】Tポイントも使える「Yahoo!公金支払い」で自動車税を支払う方法

スポンサードリンク   ハイエース所有北海道ブロガーのヤス松尾(Ins …

【登山】人生初登山 北海道ニセコの標高1,116 mイワオヌプリへの挑戦

スポンサードリンク   北海道ブロガーヤス松尾(Instagram)で …

【ネパール旅】カトマンズのタメルからボダナートへのローカルバスでの行き方

スポンサードリンク   現在ネパール滞在中バックパッカーやす松尾です。 …

MacBook Pro君 動作不可に!?

スポンサードリンク    先々週末に楽天クレジットカードを無くしました …

【日本新三大夜景】藻岩山に中国人インターンを連れて写真撮影してきました

スポンサードリンク   北海道バケーションフォトグラファーのヤス松尾( …

ヘンプCBDオイルとは? 効能・規制・買い方レポート

スポンサードリンク 北海道ブロガーやす松尾です(Instagram)です。 健康 …

【インバウンド】泊まってみたい福岡のゲウトハウス3選

スポンサードリンク   ゲストハウス研究家のヤス松尾@yasu_mat …

カメラマンマッチングサイトFinderss!! 札幌第一号カメラマンとして登録完了

スポンサードリンク   北海道ブロガーヤス松尾(Instagram)で …

ノマドワーカーに必要な仕事道具紹介

ノマドライフ、旅、ドローン、ライフハックについて

Copyright© World Without Border , 2019 All Rights Reserved.