World Without Border

北海道ブロガーヤス松尾が民泊(Airbnb)、ビットコイン、ドローン、旅について書いています。

*

DJI ドローン新作発売!! MAVIC PRO2 Pro & Zoomの違い調査報告!

   

スポンサードリンク

DJIスペシャリスト操縦士やす松尾@yasu_matsuo_jpnです。

先日ドローンメーカー最大手のDJIが2種類の新機種を発表しました!
その機種の名前は「Mavic 2 Pro」「Mavic 2 Zoom」です!

今回はこの2機種の違いを皆様と確認していこうと思います。
まずは検証に入る前に今現行で発売されているパーソナル向けドローンの3機種を確認しましょう。

DJIの大きな3機種

①Phantom(ファントム)

DJIの代名詞的機種「ファントム」です。
業務撮影としても使える本格ドローン。

機体の大きさ・重さ的に友達との記念撮影や家族で行くキャンプ風景を撮りたいというパーソナル要素メインの方には逆に不向きです。

中級〜上級者向けと言える機種ファントム。

②Spark(スパーク)

スパークはファントムとは違い、大きさ・重さや撮影目的が完全パーソナル向けのドローン。
プロペラを折りたたんで持ち運ぶことができ、広げた時も写真の通り手のひらの大きさなので、レジャーなどの遊びにもってこい。

もちろん小さくても写真・動画の質は心配ご無用です。
Amazonなどで売られている10,000円以下のドローンの多くは、画質に不安がありますが、DJI製品のドローンであればどの機種でも、撮った写真を印刷する、インスタにアップする、動画を作ってYoutubeに載せるなど、どの目的撮影でも心配する必要ない高画質データで撮影できます。

そして最後にご紹介するのが、今回発表された新機種の部類です。

③Mavic(マビック)

マビックはファントムとスパークの中間のラインナップ。
今回の新作発表がある前は業務として使うにはちょっと不安な印象があり、個人向けのハイスペックドローンというイメージでした。

ですが今回の新作ドローンのプロモーション動画を見ると、新機種であれば業務用としてもいけちゃいそう!と実感しましたよ。
何よりも折りたたんで持ち運び出来る特徴はとても嬉しいですよね。

ファントムだったら重いため、車が無いと移動する気がおきませんし、海外旅行にも不向きですが、マビックは気にすることのない重さ+折りたたみ可能+高画質カメラの良いことづくしです。

まとめ

ファントム、スパーク、マビックの3シリーズが現行販売されているDJIのパーソナル向けドローンです。

重さ 料金 動画最高画質
Phantom (4 Pro V2.0) 1375g ¥204,000 4K 60p
Spark 300g ¥54,800 FHD 30p
Mavic (2 Pro) 907g ¥189,000 4K 30p

業務やプロフェッショナルな撮影をご希望でしたら、Phantom一択です。
重さはありますが、重い方が飛行時の安定度は増します。

アクティビティの撮影レベルならば、Sparkがおすすめ。
逆にファントムは不向きのため買ってはいけません。

持ち運ぶ機会が多く、遊び要素もあり作品としてのレベルの撮影をご希望の方はMavicが良いでしょう。
それぞれの用途でお選びください。

それでは今回の記事のメインの入ります!
新発売されたMavicシリーズ「2 Pro」そして「2 Zoom」を見ていきましょう!

 

 

Mavic 2 Pro

Mavic2 Proの大きなポイントとしては、スウェーデンのカメラマーカーであるハッセルブラッドのカメラを搭載したこと。

そして1型CMOSセンサーを搭載し、より明るく鮮明なデータを取り込めるようになりました。
このセンサーは大きければ大きいほど高画質データを撮影できます。

1型はミラーレスや高級コンデジに使われているセンサーです。
前モデルのマビックプロ(オリジナル)の4倍の大きさだそうです。

Mavic 2 Zoom

2 Zoomは名前の通り、24〜48mmのズーム機能が搭載されています。
以下の写真のように同じ場所でホバリングをさせていても、ズーム機能を使うだけで違う写真を撮ることができます。

オフィシャルHPではこのズーム機能を使うことで、機体は後退しつつもカメラはズームインしながら飛行することで空間が歪んだような面白い映像を撮る事ができるという紹介も。
確かに不思議な映像でした!

 

まとめ

大きな2機種の違いはご紹介した箇所です。
他に共通するポイントをご紹介します。

①操作
操作はスマホをリモコン(ドローン用語ではプロポと呼びます)に取り付けます。

②全方向障害物検知
前方、左右、上下全てに障害物検知が搭載されているそうです。

③その他
重量:Pro→907g Zoom→905g

最大飛行時間:31分(安全面・現実的には20分〜25分でしょう)
対応SDカード :microSD
お値段:Pro ¥189,000 Zoom ¥162,000

♠DJI Mavic 2 オフィシャルページ
https://bit.ly/2o7Rz8a

♠DJI認定正規販売店「深空株式会社」
【世界最大ドローンメーカーDJI社の正規販売店】DJI認定ストア大阪

以上、DJI 新機種MAVIC 2レポートでした!

 - MAVIC PROシリーズ, ガジェット, ドローン

  関連記事

ドローンDJI CAMPスペシャリスト育成プログラム技能資格証明申し込み完了!

スポンサードリンク   ドローン操縦士見習いの北海道ブロガーヤス松尾( …

ドローンを人口集中地区で飛ばす前に行うこと

スポンサードリンク   ドローン操縦士北海道ブロガーヤス松尾(Inst …

【ガジェットレビュー】熱いパソコン対策!Bluelounge(ブルーラウンジ) Kickflip(キックフリップ)

スポンサードリンク   MacBookProユーザーの北海道ブロガー・ …

【iPhone7ケース】ZEROSHOCK PM-A16MZEROシリーズレビュー

スポンサードリンク   iPhone7ユーザー北海道ブロガーのヤス松尾 …

【Airpods】早速レビュー。コード付きイヤホンはもう古い。これからはコードレスで音を楽しむ時代

スポンサードリンク   北海道ブロガーのヤス松尾@yasu_matsu …

DJI最新ドローン4機種と6月25日札幌ドローン体験会レポート

スポンサードリンク   ドローン操縦士になるため日々練習中のヤス松尾( …

【VRゴーグル】初めてのVRはこれで十分!おすすめ “Virtoba X5″レビュー

スポンサードリンク   VR動画愛好家北海道ブロガーヤス松尾(Inst …

【ドローン】DJI CAMPスペシャリスト技能認定試験を受けてきました!

スポンサードリンク   ドローン操縦士見習いの北海道ブロガーヤス松尾( …

ドローンで動画撮影しました。現在の規制ルールと初体験後の3つの感想

スポンサードリンク   ドローン練習中の北海道ブロガーヤス松尾(Ins …

【VRゴーグル】メガネ対応ゴーグルをお探しならELECOM/エレコム P-VRGR01で決まり

スポンサードリンク   VR動画愛好家北海道ブロガーヤス松尾(Inst …

DJI ドローン新作発売!! MAVIC PRO2 Pro & Zoomの違い調査報告!

北海道ブロガーヤス松尾が民泊(Airbnb)、ビットコイン、ドローン、旅について書いています。

Copyright© World Without Border , 2018 All Rights Reserved.