World Without Border

民泊Airbnb、ビットコイン、ドローン、旅について書いています。

*

北海道ニセコでグランピングしてきました! in「ボンゴ広場」

      2017/07/31

スポンサードリンク



 

北海道ブロガーヤス松尾(Instagram)です。
先日東京からセブ島留学で出会ったユウジ氏が札幌にやってきました。

東京のコンクリートジャングルに埋もれながら日々の生活を送る彼に、北海道の自然で癒されて欲しいと思い男二人でニセコにグランピングキャンプに行くことにしました!

今回はグランピングの中身をご報告いたします!

グランピングとは?

普通私たちがキャンプする場合様々な道具を持って行きますよね。
・テント
・寝袋
・BBQコンロ
・ベンチ、テーブル
・クーラーボックス
などなど。

グランピングとはテント宿泊に必要な道具全てを準備してくれるキャンプサービスのことなんです。
つまり手ぶらでOK。

↑今回宿泊したテントです。
4人定員で中も広々。

ニセコの場所

ニセコは世界で最も雪質が最高ということで知られ毎年冬には多くのスキーヤー・ボーダーがやって来ます。
そんなニセコは札幌から車で約3時間の距離

途中道の駅や休憩など挟まず直行すれば2時間で到着も可能。
しかし道中には北海道のミルクを使った美味しいソフトクリーム屋やご飯屋さんがドライブ中の皆様を誘惑します。

ぜひとも北海道のドライブではその誘惑にどんどんのりましょう
そのような道中のドライブスポットに立ち寄ればおよそ3時間で到着です。
北海道の富士山とも呼ばれる羊蹄山もニセコ地区の見所の一つ。

「ニセコ グランピング」で検索

ニセコでグランピングをしたいと思い、私はグーグルで「ニセコ グランピング」で検索しました。
そして一番上に表示されたサイトをみてみることに。

「ボンゴ広場」というサイト発見。
サイト内を見てみると料金の安さに驚きました。

2名でも10,000円です。
つまり一人5,000円!!

そしてご覧のように、キャンプに必要な様々な物が貸し出しOKです。
ちなみにAirbnbでも予約が可能ということでAirbnbから予約してみることにしました。

注意・Airbnbよりも直接予約の方が若干安い
直接電話した予約の場合は、2名で10,000円ですがAirbnbで予約するとサービス料などが加算され10,641円でした。
641円ですが、少々割高になります。

それでもAirbnbのレビューを集めている方やカード決済希望の方ならAirbnbでの予約をオススメします。

ボンゴ広場ご紹介

ニセコグランピング「ボンゴ広場」にある施設をご紹介いたします!
①BBQコーナー

②炊事場
フライパンや鍋、食器、ハンドソープがあります。

③冷蔵庫
これ非常に助かりました。
普通のキャンプなら冷たいドリンクを買ってもクーラーボックスがあったとしても翌日にはぬるくなってしまいますが、冷蔵庫があれば常に食材は痛む心配をしなくても良いですし、冷たい水をいつでも飲むことができます!

冷蔵庫の上には過去の滞在者からの提供品として虫よけグッズや調味料がありました。

④サーバー&カセットコンロ
夏といっても夜中の北海道は少し肌寒いです。
そんな時コンロがあれば温かいコーヒーや紅茶を作って温まることも可能です。

⑤WiFi
キャンプにWiFiがあればAppleミュージックで好きな音楽をいつでもプレイできますし、キャンプ中にたくさん写真や動画を撮ってストレージがなくなってもすぐにクラウド保存してまた好きなだけ撮影できちゃいます。
ちなみにバッファローの固定モデムなので速度もバリバリ速かったです。

きになるトイレのご紹介

トイレは自然の中にあるので水洗ウォシュレットではなく、コンポストトイレとなっております。
少々このシステムは体質的にNGの方もいらっしゃると思います。

そんな時は車でニセコ中心部のコンビニなどで用を足しに行くことをオススメいたします。
まずはトイレの外観をご覧ください。

森の中にポツンと佇むオシャレなトイレ。

ドアを開けてみましょう。
ガチャ。

結構衝撃的な空間ではないでしょうか?
私もチェックイン時案内された時は原始的すぎるトイレにびっくりしました。

↑こちらのゴミ箱にトイレットペーパー類を捨てます。

↑そして用を足した後はこの土を便器の中に投入します。
なんという自然循環。。。

それでは肝心のテントの内部をご覧ください!

グランピングテントの内部

両サイドにシングルサイズのベッドが2台ずつ置かれており、その真ん中に二人がけソファとテーブルが設置されてあります。
もちろん広々とした空間で夜中寒くなるまでは屋外でBBQや団欒を楽しみ、就寝前はゆっくりテントの中でお喋りを楽しめます!

初グランピングをおえた感想

一言でいうと最高でした!!
またキャンプする時も自分たちで重い荷物を車に積むスタイルよりグランピングを選ぶと思います。

自分たちで購入しなければいけない物はBBQの食材だけです。
そして本州から来られる方にご注意としてお伝えしたいことは「北海道の夏の夜は寒い」ということ。

札幌と今回宿泊したニセコなどの大自然の場所では同じ道内でも気温はかなり変わって来ます。
この感覚は道民の私も判断が難しく、どこまでの衣類を持っていけば良いか悩みます。

今回のニセコにはTシャツ2枚とロングTシャツ1枚、ジャンバーを持参したのですが、夜中はあまりにも寒く寝る時持って来た衣類全てを着て寝ました。
北海道でキャンプされる方は夏であってもパーカーやフリースがあっても良いと思います。
(ライジングサンロックフェスに行かれる方は必須アイテムです)

最後にボンゴ広場の情報です

ニセココテージ「ボンゴ広場」
こちらはグランピングだけでなく、ログハウスのコテージの貸し出しも行なっております。

むしろコテージが主で、グランピング事業は始まったばかりで日々バージョンアップを繰り返している段階だそうです。
夜に外で木の枝を集めて燃やし、炎を見ながら癒されている時に(男2人で…)コテージに宿泊していた家族の笑い声が聞こえとてもピースな気分になりました。

コテージにはしっかり水洗トイレが付いているようです。

HP
https://www.bongoniseko.com/

北海道の様々な場所でグランピング旅行してみたいと思います!

 - 2017.7.29-30 Niseko, airbnb, ブログ,

  関連記事

Airbnb運用テクニック「物件選び編」

スポンサードリンク   最近ジワジワと広まりを見せているバケーションレ …

【民泊airbnb】6/17(土)札幌で民泊新法についてのミートアップを開催します

スポンサードリンク   200物件のAirbnb物件を製作&撮影してる …

Airbnb運用テクニック 99%ゲストが迷子にならない方法!!

スポンサードリンク   予約が確定したゲストに対して、ホストの方はアパ …

Airbnb運用テクニック「設置場所で使い分けるキーボックス」

スポンサードリンク   こんにちわ、@yasu_matsuo_jpnで …

【民泊Airbnb活用テクニック】今すぐ予約で滞在先宿を予約する方法

スポンサードリンク   民泊研究科・民泊カメラマンの@yasu_mat …

Airbnbの運営テクニック05「お部屋セッティング編」

スポンサードリンク   今回でナンバー05ですが、これまでのAirbn …

Airbnbの運営テクニック03「買い物編」

スポンサードリンク   7/8にAirbnb運営テクニック02「物件内 …

意外と知られていないAirbnbから一酸化炭素検知器の無料プレゼントキャンペーン!!

スポンサードリンク   こんにちわ、Airbnb研究家の@yasu_m …

【名古屋の旅 2017】名古屋駅から橋の下音楽祭 (豊田市駅)の会場までの行き方

スポンサードリンク   2017年国内旅行第二弾としまして今月26日〜 …

Airbnb物件を制作してみよう。友人のファブオ編

スポンサードリンク   先週友人である日系ブラジル人のファブオから一通 …

北海道ニセコでグランピングしてきました! in「ボンゴ広場」

民泊Airbnb、ビットコイン、ドローン、旅について書いています。

Copyright© World Without Border , 2017 All Rights Reserved.